350000392108

たったこれだけでキレがかわる

hitch ステップ

ども、ヒッチです!!

たったこれだけでキレがかわる!!!!
これとは何か!!!

それは「目線」です!!

この目線に関してはステップする際、した後もプレー目線であることが重要になります。
ただ僕がたくさんの方をレッスンしている中で、この目線がよくある小さな問題の一つで、
この小さな問題が大きな違いをもたらします。

この目線の小さな問題であてはまるなぁ~という人は
・ステップの後の一歩目が遅い
・上体が起き上がってしまう
・ステップの角度がでない。
などです。

ではどんな目線の問題があるのかというと
CC800970-1733-4C23-A949-13658236A206

ステップをする際に写真のように下を向いてしまう場合です。
足元を確認する意味で練習中下を向く方もいますが、それが癖となり、
目線が下になりがちに・・・・・
この目線が下がった状態でステップをすると上記にあげた課題がでてきます。
なぜかというと目線を下げた状態から次の方向をむこうとすると・・・

AFF6719F-50E7-4B90-94D1-F193FC4DD3AD

緑↑のように斜め上に向きやすくなり、顔を向いている方に力は向かうので、
上体が起き上がり、ステップした後の加速ができず、一歩目が遅くなるという現象が
おきます。
顔の向きの記事も書いています。ステップの角度を出すためのキーは〇〇だ!!
B33D44C4-6C98-4677-8161-0CA32C7A0C3F AFF6719F-50E7-4B90-94D1-F193FC4DD3AD 637CCEDC-6E4F-430F-AD62-D935DEFA6B83

本来であれば
123D4461-E8D9-451D-8308-59BC525C8FEC

赤↑の方に身体を持っていきたいですよね。

では目線をプレー目線にするとどうなるのか?

1667B0C1-4FC2-4D06-9C7C-67C6B457EED8 C9631A67-D4E7-4168-85F5-465F9138B44F FA64C4ED-53F4-42F8-9500-C9A301C3D27A

ステップ後の上体の起き上がりが少なくなり、上体を前傾のままは次へ
動きだしやすくなります。またプレー目線で動けると
次のシーンの情報をすぐ視界に入れることができるので、動きもスムーズ、
状況判断もスムーズにといいことだらけだと思っています。

下記あてはまるなぁ~という人はご自身の目線をチェック
・ステップの後の一歩目が遅い
・上体が起き上がってしまう
・ステップの角度がでない。

目線は「プレー目線」

ぜひご自身のステップをご確認してみてください♪
これまでの記事もぜひカテゴリ「ステップ」よりご覧いただけます。

 

Nara Hideのニュージーランド式ステップを動画でも学べます。
★初級編パック
https://manebi.jp/ja/course-view-details/3096
初級編
レッスン1 「間合い」 ~自分の間合いを図る方法がすぐわかる~
https://manebi.jp/ja/course-view-details/3158
レッスン2 「身体の使い方」 ~3つのポイントでステップがかわる~
https://manebi.jp/ja/course-view-details/3159
レッスン3 「コミット&チェンジオブペース」 ~ステップの効果が増幅~
https://manebi.jp/ja/course-view-details/3160
★上級編パック
https://manebi.jp/ja/course-view-details/3097
上級編(別途コース選択必要)
レッスン1 「チェンジオブペース ジャンプ」 ~ジャンプすることの驚くメリットが・・・~
https://manebi.jp/ja/course-view-details/3161
レッスン2 「チェンジオブペース グース」  ~マジックのようにDFの足が止まるグース~
https://manebi.jp/ja/course-view-details/3162
レッスン3 「グースステップ」 ~ あこがれのオールブラックススター選手のステップが自分のものに~
https://manebi.jp/ja/course-view-details/3163
designed & filmed by Mworks http://mworks.allplay.jp